HOME  >  健康プチダイエット  >  No.1 まずは基礎知識 ■ごはんをゆっくり食べましょう■
「健康プチダイエット」のための60秒健康情報
 
健康プチダイエット No1

まずは基礎知識  ■ごはんはゆっくり食べましょう■

女性なら、誰でもチャレンジしたことがあるであろう「ダイエット」
でも、そんなに過激に痩せたいわけじゃない。体に無理をして健康を害するのはイヤ。 変な痩せ方じゃなく、綺麗に美しく痩せたい。 など、健康的にあと2〜3kg痩せられれば!と思っている女性がほとんどです。

綺麗に美しくありたいがために、あと少しだけ痩せたい。 だからこそ、絶対に健康は無視できない大切なポイントです。

このメルマガでは、健康的にあと少しだけ痩せたい方のために、 ダイエットに向く食品や、基礎代謝を上げる食事やサプリメント、 空腹感をすこーしだけ抑えてくれる成分や食品など、 健康を決して阻害しない、むしろ、より健康に近づく上に、 すこーしだけ体脂肪を落とすことができる、そんな健康プチダイエット情報を、 手軽に、気軽に読んで頂けるようお届けします。

夏も目前!健康美人を目指しましょう!

【詳細】   ごはんをゆっくり食べましょう
よく早食いは良くないとか、ご飯は20回噛んで食べようとか聞きますよね。 それは何故か?まずは「満腹」のメカニズムを知っておきましょう。
 
■「お腹が減った」というのは摂食中枢から発せられる指令です。
そして、「満腹だー」というのは、満腹中枢からの指令。 つまりは、満腹中枢が「お腹いっぱいになったよ」と言ってくれない限り、 空腹感はおさまらず、いつまでも食べてしまうことになるわけです。
 
■さて、では満腹中枢が「満腹だ」と感じるのはいつか?

人間はご飯を食べると血液中にブドウ糖が増え、 血糖値とインスリン濃度があがります。 これを満腹中枢が察知し、満腹ラインに達すると「満腹だ」と指令を出します。 ここで初めて、人は「あぁもうお腹いっぱいだ」と感じることができるのです。

しかし、食事をし始めてから満腹中枢が血糖値などを察知するまでに、 15〜30分はかかると言われています。 つまりは、その間にいくら食べても、満腹中枢は「お腹いっぱい」という 指令は送ってくれない=いつまでも満腹にならないわけです。

さらに悪いことには、こういった早食いを繰り返していると、 空腹感と満腹感が曖昧になってしまい、空腹でないのに食べたくなる、 いつまでたっても満腹感が得られないなど、過食の原因になり、 同時に、胃袋も大きくなるので、どんどん食べてしまい太る原因になります。

 
■今より少し体重を落としたいなら、ご飯はゆっくり食べましょう。

今、10分くらいで食べ終えてしまう人なら、ゆっくり30分くらいかけて、 ご飯を食べるようにするだけで、ずいぶん食べる量が減ると思います。 また、ゆっくり良く噛んで食べることで、消化や吸収も良くなりますよ。

満腹中枢が正しく働き、しっかりとした満腹感を得られるようになれば、 なんとなくの空腹感もなくなり、ずっと快適に食生活が送れるでしょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。