HOME  >  生活が不規則な人  >  No.1 血をサラサラに ■ 夕食に納豆を食べよう!■
「生活が不規則な人」のための60秒健康情報
 
生活が不規則な人 No.1

血をサラサラに 夕食に納豆を食べよう!

誰でも自分の健康は気になるもの。
でも、仕事や家事などで、体に悪いとはわかっていても、どうしようもないことって、たくさんありますよね?

その中でも生活リズムは、なかなか本人の意思だけでは改善できないもの。
規則正しい生活を…と思っていても、残業があったり、乳幼児がいて、余儀なく生活リズムを狂わされたり…。

生活が不規則ながらも、少しの努力でできることや、だからこそ気を付けたいこと、様々な症状への改善方法など、忙しい人のための健康情報を、毎回60秒で知ってもらえるように、簡潔にまとめ、ご提供していきたいと思っています。

知っているか知らないかで、大きな差が出ることもよくあります。
知識は活用できて初めて価値のあるもの。

そんな価値ある情報をお届けできれば…、そして、忙しくても、健康を取り戻し、毎日頑張ってもらえたらと願っています。

【詳細】   血をサラサラに 夕食に納豆を食べよう!
 
■納豆の効果・効能

納豆のネバネバには、ナットウキナーゼという納豆特有の酵素があります。ナットウキナーゼは、血栓を溶かし、血液をサラサラにしてくれます。これを血栓溶解作用といいます。

血液がサラサラになると、心筋梗塞や脳梗塞、痴呆症などの予防になります。納豆の血栓溶解作用は、2万円もする治療薬と同等というからすごい!

科学的にも、その効果は実証されており、医療の現場でも活用されています。病院でも納豆を食事に出すところが増えてきているそうです。さらには、お腹にも優しい抗菌効果があります。納豆の抗菌作用は非常に強く、O-157にも非常に効果を発揮するそうです。

 
■夕食に納豆を食べよう!

そんな体にとって良いことずくめの納豆ですが、関東地方では、よく朝食に納豆を食べる方がいらっしゃいますよね。

でも実は、納豆は夜に食べる方がいいんです。

というのも、血栓ができやすいのが朝方。この血液が固まりやすい時間帯にうまく作用してくれるためには、夜に納豆を食べることが最も効果的だと言うことです。

 
■日曜日の夕食が納豆の食べ時です!

さらに、おもしろいことに、月曜日の朝が最も心筋梗塞が起こりやすい、ということなので、納豆が苦手な人でも、週に1回、日曜日の夕食には納豆を食べるようにするといいでしょう。

これだけで、心筋梗塞や脳梗塞など、かなりの生活習慣病予防になります。ぜひ、続けてお試し下さいね。

 
 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。