HOME  >  生活が不規則な人  >  No.38 インフルエンザの予防には… ■ ビフィズス菌が効果アリ!
「生活が不規則な人」のための60秒健康情報
 
生活が不規則な人 No.38

インフルエンザの予防には… ■ ビフィズス菌が効果アリ!

1月4日付けの新聞で、「ビフィズス菌を多めに取る高齢者は、
免疫機能が高まり、インフルエンザウイルスに感染しにくい」という話が
掲載されました。

ビフィズス菌は、腸の働きを良くする善玉菌で、 カラダによい働きをたくさん持っています。

ビフィズス菌はヨーグルトや漬物、キムチ、味噌、しょうゆ、納豆など、
発酵食品に含まれているので比較的摂りやすいのですが、
効果的な働きをしてくれるのは体内に入ってから1週間程度なので、
定期的に摂取する必要があります。

インフルエンザの予防のみならず、様々な病気を予防するためにも、
定期的にビフィズス菌を摂るようにしましょう。

【詳細】  インフルエンザの予防には… ■ ビフィズス菌が効果アリ!
 

前回のコラムでも、インフルエンザに関する記事を取り上げたのですが(詳しくはこちら)、1月4日の読売新聞で、インフルエンザ予防についての以下の記事が掲載されていました。


ビフィズス菌を多めに取る高齢者は、免疫機能が高まり、インフルエンザウイルスに感染しにくいという研究結果を、森永乳業栄養科学研究所(神奈川県座間市)がまとめた。今年3月に開かれる日本農芸化学会大会で発表する。

茨城県内の介護老人保健施設に入所している高齢者27人(平均年齢86歳)に2004年11月から毎日、ビフィズス菌の一種「BB536」を1000億個含む粉末(2グラム)を飲んでもらった。インフルエンザ流行のピークが過ぎる昨年3月末まで飲み続けたグループ(13人)には、飲む前に比べて、白血球の殺菌機能が高まる傾向が見られ、インフルエンザ発症者がいなかった。一方、1か月半で飲むのをやめたグループでは、14人中5人が発症した。

光岡知足(ともたり)・東大名誉教授(微生物生態学)は「免疫力の下がった高齢者にとって、インフルエンザにかかりにくくなる効果が期待できる。ただ即効性はないので、流行の1か月以上前から飲み続けることが望ましい」と話している。
(2006年1月4日読売新聞より引用)


ビフィズス菌といえば、ヨーグルトが有名ですよね。

人間の腸内には、100種類以上100兆個ものすごい数の細菌が生息しています。それらの細菌は、有効なはたらきをする善玉菌と、その逆のはたらきをする悪玉菌にわけることができます。ビフィズス菌はその善玉菌の一種。

ビフィズス菌の主な作用はビタミンの生成、免疫力の向上、腸内環境を整える、病原菌の感染予防、便秘や下痢の予防、血中コレステロール値を下げるなど。病気になったときの対策というよりかは、予防効果が高いといえますね。
 そして、これらの作用に加えて、インフルエンザの予防作用があるかもしれないということがわかったというわけです。

ビフィズス菌は比較的摂取しやすいものですが、その効果は1週間程度しかなく、カラダの中で勝手に増えることもなければ、むしろ加齢とともに減っていく菌です。ですから、健康効果を持続させるためには定期的に摂取する必要があります。

ビフィズス菌を含む食品としては、代表的なヨーグルト以外にも漬け物、キムチ、味噌、しょうゆ、納豆などの発酵食品があげられます。また、腸をビフィズス菌が住みやすい環境にするためには、食物繊維も欠かせません。

日常の健康のためだけでなく、インフルエンザ予防の観点からも、ビフィズス菌を定期的に摂るようにしましょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。