HOME  >  生活が不規則な人  >  No.40 風邪の予防に… ■ うがい薬に効果なし?!
「生活が不規則な人」のための60秒健康情報
 
生活が不規則な人 No.40

風邪の予防に… ■ うがい薬に効果なし?!

「家に帰ったら、手を洗ってうがいをしましょう」というのは、
小さい頃からよく聞いたフレーズだと思います。
しかし、先日そのうがいに関して、おもしろいデータが発表されました。

何とこの実験データでは、ヨード液系のうがい薬を使ってうがいをすると、
風邪予防に関してはうがいをしないのと変わらないという結果が出たそうです。
詳しいことはわかっていないのですが、どうやらうがい薬が、
カラダに良い菌まで殺してしまうのが原因であると考えられています。

ちなみに、水うがいをした人には、きちんと風邪予防の効果があったそうなので、
うがいそのものに意味がないわけではありません。

これらの結果を踏まえると、水うがいを習慣づけるのがよさそうですね。

【詳細】  風邪の予防に… ■ うがい薬に効果なし?!
 

風邪の予防にはうがいが一番!そんな話はみなさんも耳にしたことがあるかと思います。また、風邪をひきかけた時や、ノドが少し痛む時などは、うがい薬を用いてうがいをすることもありますよね。
 しかし先日うがいについて、以下のような意外な結果が出たそうです。


風邪の予防には水でうがいすることが効果的であることを、京都大保健管理センターの川村孝教授(内科学・疫学)らが全国調査で確かめた。水のうがいで風邪の発症率が4割低くなったが、ヨード液のうがいには明確な予防効果はなかったという。

18歳から65歳の男女384人を、

▽1日3回以上水でうがい
▽同様にヨード液でうがい
▽うがいしない

の3集団に無作為で分け、冬(12月から翌年3月)に風邪をひくか調べた。うがいの効果を無作為で選んだ集団の比較で調べたのは世界で初めて。

1カ月の発症率は、うがいをしない人の26%に対し、水うがいは17%と低く、年齢構成などを考慮して補正すると発症率はちょうど4割低く、かぜの予防効果が認められた。一方、ヨード液うがいの発症率は24%で、うがいなしと統計的に明確な違いはなかった。

川村教授は「古くから言われてきた水うがいに予防効果が確かにあった。海外にはうがいの習慣はあまりないようだが、その予防効果を世界に発信したい」という。一方、ヨード液のうがいについて「風邪をひいたあとの消毒効果は否定していないが、予防効果が認められなかったのは意外。粘膜細胞への作用なども考えないといけないのかも知れない」という。

また、風邪をひいた人への抗炎症薬(ロキソプロフェン)の効果も別の集団で調査。初期の重い症状を和らげる効果は認められたが、投薬しない人に比べ治癒が遅くなる傾向も見られ、「早く風邪を治したいから薬を飲み続けるのは考え直した方がいいのでは」(後藤雅史助手)という。
(2005年10月28日(金)京都新聞電子版 掲載記事より引用)



水うがいには風邪予防の効果があっても、ヨード液のうがい薬を使うと、うがいをしないのと変わらないというのは意外ですよね。
 まだ明らかになってはいませんが、どうやらうがい薬が、悪い細菌だけでなくカラダを守る働きをする良い細菌までも殺してしまうのが、その原因と考えられているようです。
 風邪をひいて病院へ行くとうがい薬が処方されることもありましたが、今後はそれもなくなるかもしれませんね。

まだまだ空気は乾燥していますし、日によって気温差があり、風邪をひいたり体調を崩したりしやすい時期は続きます。
 ここでも明らかになっているように、水うがいには風邪予防効果があるので、しっかりうがいをする習慣をつけてしまいましょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。