HOME  >  外食が多い人  >  No.14 今、流行りのジンギスカン ダイエット効果もある!羊肉
「外食が多い人」のための60秒健康情報
 
外食が多い人 No.14

今、流行りのジンギスカン ダイエット効果もある!羊肉

羊肉は、含まれる栄養素は豚肉と近いのですが、
脂肪が少なめで消化もよいことからヘルシーなお肉として注目を集めています。

また、野菜より肉からの方が吸収のよい鉄分が豊富なことから、
女性に多い冷え性や貧血、生理不順などにも効果を発揮してくれます。

そして何より注目なのが、羊肉に含まれる「カルニチン」
カルニチンには脂肪燃焼を助ける働きがあります。

さらに羊肉と一緒に緑茶や抹茶に含まれるカテキンを摂ると効果倍増。
今年は羊肉にチャレンジしてヘルシーに脂肪を燃焼してしまいましょう!

【詳細】   今、流行りのジンギスカン  ■  ダイエット効果もある!羊肉
ついこの間までは、ジンギスカンといえば北海道の名産でしたが、最近は都心にもジンギスカンなどの羊肉を使った料理のお店が増えてきていますよね。羊肉はクセはありますが、牛肉などに比べリーズナブルでオシャレなお店も増えたためか、若い女性の間でブームになりつつあります。このブームにはもちろん美容や健康に関する嬉しい効果も存分に含まれているからなのですね。今回は、そんな羊肉についてとりあげてみたいと思います。
 
■ 羊肉とは?
 

羊肉にはラム肉とマトン肉があります。ラムは生後1年未満の子羊の肉、マトンは1〜2歳の羊の肉です。ラムは軟らかく臭みも少ないのですが、マトンは独特のニオイと硬さがあります。一般的にジンギスカンなどの豪快な料理にはマトンが使われ、フランス料理などにはラムが使われます。日本ではマトンよりもラムの方が流通量が多いのですが、そもそも羊肉自体にまだあまり馴染みがありませんよね。しかし、世界で一番よく食べられている肉は実は羊肉だと言われています。羊肉は宗教上の制約を受けていないことと、羊自体がもっとも古い家畜であることがその理由です。

では、最近日本でも流行りつつあるジンギスカンをはじめとした羊肉料理には、一体どのような栄養素やカラダに良い点があるのでしょうか?

 
■ 羊肉の栄養

羊肉にはタンパク質やビタミンB2、鉄分が豊富に含まれていて、その他ビタミンAやB1、ナイアシン、必須アミノ酸なども含まれています。豚肉と成分は似ているのですが、脂肪が少なめで消化によいので、胃腸が弱い人にも食べやすい肉です。

また、中国では血を作る機能を高める作用やカラダを温める効果があることから、冷え性や貧血、生理不順などの女性特有の病気に効果があると言われています。それだけでも女性にはありがたい肉ですが、それだけではなく、羊肉にはダイエット効果があるとも言われています。

 
○羊肉のダイエット効果

羊肉には、注目のダイエット効果があります。それは、脂肪を燃焼させる効果のある「カルニチン(L−カルニチン)」が多く含まれていること。

カルニチンとは、つい最近まで医薬品として使われていた食品で、体内に含まれるアミノ酸の一種です。カルニチンは細胞内にあるミトコンドリアに脂肪を送り込み、脂肪を燃焼させるためには欠かせない成分です。カルニチン自体は、肝臓や腎臓でも作ることができ、食品では、羊肉やカツオ、マグロなどに比較的多く含まれている成分です。カルニチンが不足すると、ミトコンドリアに脂肪を送り込むことができないため、脂肪が燃焼されず、体内に溜まっていく一方になってしまいます。そんな理由で、カルニチンを多く含む羊肉は、ダイエット効果があると注目されているわけです。

さらに羊肉は他の肉と比べ、コレステロールが少なく低脂肪という特徴もあります。体内のコレステロールを減らす不飽和脂肪酸が他の肉に比べて多く含まれている上に、羊肉の脂の融点は他の肉に比べて高いため、体温では脂肪が溶けずに消化されにくいという利点もあります。

このような理由から、羊肉は、ヘルシーな肉として注目を集めているわけです。

 
■ オススメの食べ方

羊肉と言えば、やはりジンギスカンですね。クセが強いので、臭いが気になる人は、スパイスやアルコール、香味野菜などを一緒に使うとよいでしょう。タレもつけだれ派と、もみだれ派にわかれるようですが、一般的なのは味噌を使ったタレが多いようです。ジンギスカンは、いわゆる鉄板焼きのような食べ方なので野菜も一緒に摂れてヘルシーですね。どうしても羊肉の臭みが苦手だ…という人はマトンではなくラムを選ぶようにするといいでしょう。ラム肉は軟らかくて臭みが少ないので食べやすいですよ。最近ではスーパーなどでも売られているのでチェックしてみるのもいいでしょう。

また、羊肉料理と組み合わせたいのが緑茶や抹茶。さきほど、羊肉に含まれるカルニチンについて説明しましたが、ミトコンドリアに脂肪を運ぶのがカルニチンなら、その脂肪を運び込まれたミトコンドリアを活発に動かすのが、緑茶などに含まれるカテキンなんです。焼き肉屋さんのシャーベットのように、羊肉料理を食べた後は抹茶のアイスクリームや、おいしい緑茶で一服することで、より脂肪を活発に燃焼させることができますよ。

今年はぜひ健康にも美容にも嬉しい羊肉にチャレンジしてみましょう!

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。