HOME  >  外食が多い人  >  No.19 悪い面ばかりじゃなかった! 冷凍食品と缶詰について
「外食が多い人」のための60秒健康情報
 
外食が多い人 No.19

栄養バランスが気になる人に ■ 青汁で野菜不足を補おう!

青汁はケールや大麦若葉、ヨモギ、ゴーヤ、アシタバなど色々なものがあります。
ビタミンAやβ−カロチン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などが豊富で
野菜不足な人、外食が多い人にはオススメの健康食品と言えます。

最近では味も飲みやすいものが多く、粒タイプのものもあります。
毎日の栄養補助、健康維持のため、食生活にプラスしてみてはいかがですか。

原材料によって補える栄養価や味も変わります。
自分の食生活を振り返って、足りないものを補えるものを選びましょう。
また毎日続けるためにも飲みやすい味、飲みやすい形状を選ぶのも大切です。

【詳細】   栄養バランスが気になる人に ■ 青汁で野菜不足を補おう!

一時は「マズイけれどカラダによい」飲み物としてブームになった青汁。CMでは「マズイ」と言われ、バラエティ番組では罰ゲームなどで見かけましたよね。青汁とひとくくりにされていますが、実は原料や形状にも様々なものがあり、最近は飲みやすい製品も多く出てきています。

そこで今回は、外食の多い食生活を送っている方でも、きちんと野菜の栄養素が摂れる青汁について詳しくご紹介します。

 
■ 青汁とは?

青汁の定義は「緑黄野菜をすりつぶしたもの(野菜の絞り汁)」です。原材料としてはケールが有名ですが、それだけではなく、大麦若葉や緑茶、桑の葉、ヨモギ、ゴーヤ、アシタバなど色々なものがあります。原材料が違うので、栄養分も若干異なりますが、全般に不足しがちな栄養分や食物繊維が豊富に含まれているため、青汁を飲むだけでそれらを簡単に補給することができると言われています。

 
■ 青汁に含まれる栄養素と効果

青汁には、様々な種類の栄養素が豊富に含まれています。一般的にはビタミンAやβ−カロチン、ビタミンC、カルシウムや食物繊維など、どれも外食が多い食生活では摂りにくいものばかりです。

特に青汁の原材料として有名なケール(キャベツの一種)には、上記以外にも鉄やリンなどのミネラルも豊富に含まれています。また、野菜類の中ではビタミンEの含有量も多く、ナトリウムや塩分をカラダの外に出すために欠かせないカリウムも豊富です。さらに、睡眠を促進する分泌物メラトニン(詳しくはこちら)も含まれていることから、ケールの青汁を飲むことで、快適な睡眠も手に入れることができます。それ以外にも、抗酸化作用や免疫力の向上などの嬉しい効果がいっぱいです。

その他の原料の特徴は以下の通りとなっています。

・大麦若葉:
アクがあまり強くないので、ケールの青汁より飲みやすい。栄養バランスも他の緑黄色野菜と比べて良く、便秘気味な人、不規則な食生活の人に最適な原料。他にも活性酸素を無毒化する酵素も含まれていると言われる。

・緑茶:
緑茶と他の緑黄色野菜を混ぜたものが青汁として市販されている。味は抹茶のような味になるので、青汁としては非常に飲みやすくなっている。栄養素は混ぜられた緑黄色野菜のものになるので、必要な栄養素が含まれたものを選ぶようにしたい。

・桑の葉
鉄分、カルシウムなどの各種ミネラルが豊富。血糖値の上昇を抑える作用もある。

・ヨモギ
カラダを温める作用があるので、冷え性や貧血の方にオススメ。昔から血液をキレイにする効果もあると言われている。食物繊維も豊富。

・ゴーヤ
ゴーヤには血糖値を下げる作用があるので、糖尿病が心配な方や血糖値が高い方にオススメ。天然のビタミンCが非常に豊富。

・アシタバ
ガンにも効果があると言われるアシタバ。カロチンやビタミンB群、ナトリウム、カリウムなどが他の野菜と比べて豊富。

 
■ 青汁を飲むとどうなるの?

これだけの栄養素が含まれている青汁ですから、カラダに良いのはもちろんです。けれどあくまで食品であって医薬品ではないので、劇的に何かが変わるというものではありません。毎日の栄養補給や健康維持のためを目的として摂るようにしましょう。個人差はあるにせよ、青汁を飲むことで不足している栄養素を補いカラダのバランスを整えることができることは間違いありません。特に、野菜不足を気にしている人にはオススメです。外食だけではなかなか補給できない栄養素がギュッと濃縮されているので、毎日の食生活に青汁をプラスするだけで、ずいぶんと改善される部分も多いでしょう。

 
■ 青汁が苦手という人は?

「あの苦味はちょっと…」「おいしくないから無理」という人も、そんなに心配する必要はありません。最近は青汁を固めて錠剤にした、青汁のサプリメントも市販されています。錠剤にするときに、成分も調整できることから、そのままの青汁を飲むよりも栄養のバランスも摂れていますし、食品なので他の薬と一緒に飲んでも問題はありません。ただし、液体で飲む青汁と同じ量をサプリメントで摂るには、大量に錠剤を飲まなければならないため、コストがかかるのが難点です。

さまざまな商品が販売されているので、自分の普段の食生活を振り返って、本当に必要な栄養素は何かということを見極めた上で挑戦してみてくださいね。原材料によって栄養価や味も違うので、原材料や成分を比較して、自分にあったもの、飲み続けやすいものを選んで毎日継続して飲むようにしましょう。

気になる人は「カイカタドットコム」へ。青汁商品やケール、大麦若葉といった商品を比較できる健康食品専門の安全性比較サイトです。「買い方・選び方コメント」も掲載されているので参考にしながら、自分に適したサプリメントを選んでくださいね。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。