HOME  >  外食が多い人  >  No.38 流行の健康酢 ■ 血糖値上昇を抑える効果アリ
「外食が多い人」のための60秒健康情報
 
外食が多い人 No.38

流行の健康酢 ■ 血糖値上昇を抑える効果アリ

今も健康食品の中でも根強い人気の酢ですが、酢には血糖値の上昇を抑える効果があります。

血糖値の上昇が緩やかだと、糖の吸収を遅らせて肥満を防いだり糖尿病や動脈硬化を抑えることもできます。

酢は塩の代わりに使えば、薄味をカバーしてくれると同時に、塩分過多を防ぐことも可能です。

もちろん、それ以外にも酢にはたくさんの効果と用途があるので、
自分に合ったものを選んで、継続して摂取し、健康的な生活と、健康なカラダを手に入れましょう。

【詳細】   流行の健康酢 ■ 血糖値上昇を抑える効果アリ 
 今も健康食品として強い人気を誇る酢。今までも酢についてはこのコラムでも何度か取り上げてきましたが、今回は、以下のニュースをご紹介したいと思います。


ミツカングループ本社(愛知県半田市)は10日、食事の際、酢の物を一緒に食べるなど食酢を摂取すると、食後の血糖値上昇が抑制されることが昭和女子大(東京)との共同研究で分かった、と発表した。

共同研究は2002年から04年にかけて、食事の際、ご飯と一緒にりんご酢を使ったドリンクか食酢15ミリリットルを含むワカメの酢の物を飲食した後の血糖値の変化を測定。酢を含まないドリンクかワカメのあえ物を一緒に飲食した場合と、それぞれ比較した。

昭和女子大の学生各12人の協力を得て調べたところ、食事の30分後の血糖値は、りんご酢のドリンクを飲んだ場合が酢を含まないドリンクの場合より平均で9・7%低く、酢の物を食べた場合は、あえ物の場合より同13・4%低かった。

同社は、食事の際に酢を15ミリリットル程度摂取し血糖値の急激な上昇を抑制することは、糖尿病や動脈硬化などの予防に役立つと期待される、としている。
(1月10日 Yahoo!ニュース掲載記事より引用)


食事の前に酢を飲むと、脂肪を溜める肥満ホルモンのインスリン(インシュリン)が出にくくなります。また、酢には腸などの消化管のぜん動運動を遅らせる作用があるので、糖の吸収スピードを遅らせてもくれます。ただし、酢は刺激が強いため、胃を荒らす可能性があります。
胃の弱い人は、食前は避けて食事と一緒に摂るようにしてください。また、胃が強い人も過信せず、酢を飲んでから食事まで、あまり時間をあけないようにしてください。

塩分過多が気になる人も、塩やしょうゆの代わりに酢を利用すれば、薄味をカバーしてくれる上に、健康効果もたくさん得ることができます。

酢=酢の物などの限定された使い方ではなく、酢は思った以上に様々な種類と使い方があります。市場にもかなりの種類の酢が出回っているので、自分に合った酢を探し継続して飲むことで、肥満や血糖関連の病気を防ぎ、疲れにくく元気な生活を送れるようになるといいですね。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。