HOME  >  お酒をよく飲む人  >  No.37 高血圧の予防の目安は? ■ ビール中びん1本まで
「お酒をよく飲む人」のための60秒健康情報
 
お酒をよく飲む人 No.37

高血圧の予防の目安は? ■ ビール中びん1本まで

高血圧の人は、アルコールを控えなくてはならないと言われていますが、
まったく飲んではいけないかと言うと、そういうわけでもありません。

確かに、飲酒をしている人の方が高血圧になりやすいのは事実ですが、
適量飲酒ならばまったく飲まない人よりも、動脈硬化が起こりにくいのもまた事実です。

高血圧予防の観点からも、

ビール…中ビン1本
日本酒…1.2合
ワイン…200ml

を一日の飲酒量の目安としましょう。

【詳細】   高血圧の予防の目安は? ■ ビール中びん1本まで

アルコールがカラダに与える害についてはいろいろなものがありますが、高血圧もその一つだと言われています。
 しかし、適量の飲酒であれば、まったく飲まない人に比べて高血圧になる可能性が低いという話もあります。
 高血圧の人は、お酒をやめるべきなのでしょうか。それとも適量ならお酒を飲んでもよいのでしょうか。


◆ 2005.12.20 高血圧の予防には平日ビール中びん1本、週末2本まで

週に純アルコール300g以上、日本酒に換算すると13合以上を長期間飲んでいる人では、年あたりの血圧上昇の割合が大きく、7年間で約3mmHgも高くなっていることが、男性3900人を対象とした調査で明らかになった。これまでは1日2〜3合(週に14〜21合)以上の飲酒が高血圧に関係するといわれてきたが、それより少ない飲酒量でも長期の血圧上昇度が高まる可能性を示唆することがわかった。国立健康・栄養研究所 健康・栄養調査研究部 食事評価法研究室長の由田克士氏が、国立健康・栄養研究所の季刊誌「健康・栄養ニュース 第14号」で報告した。
 

この調査は、企業に勤める20〜59歳の男性を対象に、1994年から2001年まで毎年定期検診時に血圧測定を実施し、併せて飲酒や喫煙習慣、食習慣などについて尋ねたもの。分析には一般化推定方程式(Generalized Estimated Equation法:GEE法)を使い、7年間の収縮期血圧および拡張期血圧測定値の変化と飲酒量の関係を調べた。

その結果、週にアルコール300g以上飲んでいる人では、年あたりの収縮期血圧の変化が、年齢と体重による調整後、非摂取群に比べて0.44mmHg高かった。これは7年間に、3.08 mmHg高くなることを意味する。拡張期血圧では、年あたり0.19mmHg の上昇が見られた。

週300gのアルコールを摂取する群では、非摂取群に対し、ベースラインの血圧値が、収縮期血圧は5.21mmHg、拡張期血圧は4.16mmHg高く、週に200〜299g(日本酒換算で8.7合以上)摂取群でも、収縮期血圧は3.9 mmHg高いことがわかった。

これらのことから、由田氏は、「高血圧にならないためには、週200g以下の飲酒に抑える」ことを勧めている。週200gのアルコール量は、1日あたり約29g、日本酒ならおよそ1.2合、ビールなら中びん1本強、ワインなら200ml程度にあたる。高血圧の予防には、平日はビール中びん1本、週末は2本までといった目安がよさそうだ。(日経BP社 MedWave掲載記事より)


内容は難しく思えるかもしれませんが、要は、今まで言われてた量より少ない量の飲酒でも、高血圧になる可能性は十分にあるということです。しかし、ここには記載されていませんが、適量飲酒は動脈硬化の予防効果があるとも言われています。この点においては、まったくお酒を飲まない人よりも適量飲む人の方が、動脈硬化になりにくいというデータもあります。

高血圧=禁酒というわけでもないので、ここはうまくアルコールを利用して、書いてあるように、ビールなら1日につき中びん1本程度を目安に飲むようにしましょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;