HOME  >  運動不足な人  >  No.10 つらい肩こりを解消するために 簡単ストレッチ(肩こり編)
「運動不足な人」のための60秒健康情報
 
運動不足な人 No.10

つらい肩こりを解消するために 簡単ストレッチ(肩こり編)

肩こりの原因として、以下のようなものが考えられます。

> ○長時間、同じ姿勢や無理な姿勢を続ける
> ○細かい作業や、眼精疲労
> ○痩せ過ぎや太り気味、なで肩などの体型
> ○ストレス
> ○血行不良・冷え性
> ○肩や首の骨や関節の異常
> ○病気が原因の肩こり

原因は様々ですが、内臓や骨や関節の異常でない場合は、たいがいが、
筋肉を使わないことで、血流が悪くなり、コリや痛みを感じるようになります。
ですから、コリや痛みを感じる部分をできるだけコマメに動かしましょう。

       
【詳細】   つらい肩こりを解消するために 簡単ストレッチ(肩こり編)
運動不足を自覚しているみなさん。デスクワークが多い方は特に、肩こりに悩まされてはいませんか?今回は、肩こりのメカニズムや、その原因、対策法として簡単にできるストレッチをご紹介したいと思います。
■ 肩こりのメカニズムとは?

肩こりとは、病名ではなく症状名です。通常は筋肉の細胞や筋肉の繊維が日常の動きによって、太くなったり細くなったりすることで、静脈や毛細血管の血液がスムーズ流れているのですが、同じ姿勢を続けていると、静脈や血管が圧迫され、血行障害が起きてしまいます。その結果、筋肉には、疲労物質である乳酸がたまってしまい、神経を刺激してコリや痛みを感じるようになります。また、その痛みを感じることによって、さらに血行はは悪くなり、疲労物質がますますたまる結果となります。この繰り返しによって、肩こりは慢性化していくのです。

では、具体的にどんな原因によって、肩こりは起きてしまうのでしょうか。

 
■ 肩こりの原因
肩こりの要因は、一つだけではありません。筋肉から、神経から、内臓疾患や、これらが組み合わさったものなど、様々なものがあります。
 
○長時間、同じ姿勢や無理な姿勢を続ける
筋肉は、緊張させたりゆるめたりすることで、動脈や毛細血管の血液の循環を助けています。ところが、同じ姿勢や無理な姿勢を長時間とっていると、筋肉の緊張ばかりが続いて、筋肉の血行の流れが悪くなり、疲労物質や乳酸がたまって神経を刺激し、コリや痛みを感じるようになります。
 
○細かい作業や、眼精疲労
メガネやコンタクトレンズが合っていなくて、ちゃんと見るために無理な姿勢をとっていたり、パソコンなどの画面を同じ姿勢でずっと見ていると、肩こりにつながります。眼精疲労と、頭痛と肩こりがつながりが連動して起こることも多いといわれています。
 
○体型
普段から姿勢が悪かったり、痩せすぎや、肥満気味だったり、なで肩の人は、肩こりを起こしやすいといわれています。体型的に、肩の筋肉に負担がかかったり、普段の姿勢の悪さが、肩こりという症状として表れます。
 
○ストレス
精神的に緊張したり悩んだり、怒りなどを感じているときは、、筋肉内の血管も知らず知らずのうちに縮んでいて、血液の流れが悪くなってしまっています。ですから、ストレスなどを感じやすい人や、緊張を強いられる仕事をしている人は、リラックスする時間を作ったほうが良さそうです。
 
○血行不良・冷え性
筋肉中の血液の流れが悪くなると肩こりが起きます。体が冷えると、体が緊張し血液の流れが悪くなりますし、人間は寒いところにいると、自然に、前かがみの姿勢で肩をすくめ、身体を固くしてしまいがちです。というわけで、冷え性の人や、寒いところで長時間過ごさないといけないときは、体や筋肉が固まってしまわないうちに、体を動かすようにしましょう。
 
○肩や首の骨や関節の異常
肩こりだけでなく、痛みやしびれを感じるときは、首の骨や関節に異常をきたしている場合があります。特に年配の方は要注意。このような症状がある場合は整形外科などの病院へ行って相談してみた方がよさそうです。
 
○病気が原因の肩こり
内臓の異常が、自覚症状として肩こり原因の肩こりもあります。肩こりと同時に、頭痛や、目まい、耳鳴り、動悸や冷え、立ちくらみ、全身がだるいなどの症状があるときは、病院へ行ってみた方がよいでしょう。肩こりは、内臓の異常を示す、体からのSOSの場合もあります。
 
■ 最後に…
 

文明の発達によって、電化製品などが増えたために、私たちの運動量も減ってきています。例えば、掃除機ができたことで、ホウキで掃いたり、雑巾がけの必要がなくなったのもそのひとつです。でも、生活が便利になったことで、健康が損なわれていては意味がありませんよね。時々は時間をカットするよりも、カロリーをカットすることを優先してみましょう。

その他にも、電車で座る・立つの差や、エスカレーターを利用する・階段を利用するという差、電話でも座って話すか立って話すかなど、ちょっとしたことでも身体活動の強度を上げ、消費カロリー量を増やすことができます。
運動不足は、肥満の増加や、生活習慣病の増加など、さまざまな弊害がでてきます。それを少しでも減らすために、少しでも毎日の運動量を増やすように心がけていきましょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;