HOME  >  運動不足な人  >  No.20  美容とダイエットにピッタリ!  注目の健康野菜ヤーコン
「運動不足な人」のための60秒健康情報
 
運動不足な人 No.20

美容とダイエットにピッタリ! ■ 注目の健康野菜ヤーコン

ヤーコンとは、サツマイモのようで食べると梨のような食感と甘味のある根菜。
現代人に必要な栄養素が豊富に含まれている健康野菜として注目されています。

特定保健用食品の有効成分としても認定されている「フラクトオリゴ糖」や、
注目のポリフェノール、食物繊維、ミネラルなどがたっぷり。
おなかに優しいのはもちろん、美容や生活習慣病にもオススメの野菜です。

ヤーコンの旬は3月末頃までなので、今は生を食べることはできませんが、
ヤーコンの栄養素をそのままギュッと4倍に濃縮したヤーコンエキスがあります。
味も栄養素もヤーコンそのままの甘くておいしいヤーコンエキス10本セットを
今なら無料で体験して頂くことができますので、興味のある方はご応募ください。

 ヤーコンエキスの無料モニター応募ページはこちら↓(5月20日まで)
      http://www.kaikata.com/special/001.html

【詳細】    美容とダイエットにピッタリ! ■ 注目の健康野菜ヤーコン

みなさんは「ヤーコン」って聞いたことがありますか?初めて聞いたという人も多いかと思います。ヤーコンは現代人の食生活を救ってくれる素晴らしい天然栄養素を豊富に含んでいるとして注目されている野菜です。近年ようやく日本でもそのヤーコンが栽培、販売されるようになりました。今回は、そんな「ヤーコン」についてご紹介しましょう。

 
■ ヤーコンとは?

ヤーコンとは南アンデス原産のキク科の根菜で、アンデスでは古くから健康野菜として愛用されてきた2000年の歴史があります。
ヤーコンの芋(塊根部)はサツマイモに似た形をしていますが、梨のようなシャキシャキとした食感とみずみずしい歯ざわりと、その甘さが特徴です。
通常、芋はゆでたり、蒸かしたりして食べるものですが、このヤーコンは主に生で食べることが多く、サラダに入れるととってもおいしいのです。他にも独特の甘みを活かしてジュースにしたり、天ぷらや炒め物、酢の物など、どんな調理法でもおいしく食べられ、料理のレパートリーも広がります。
またヤーコンの葉茎もお茶として利用することができます。ヤーコンは芋も葉も、非常に多くの健康成分がたくさん含まれているアルカリ性食品なのです。

では、そんなヤーコンにはどんな健康成分が含まれているのでしょうか。

 
■ ヤーコンの注目の成分と効果

ヤーコンが注目されるのは、カラダにいい成分がたくさん含まれているからです。
では、その注目の成分を見ていきましょう。

○フラクトオリゴ糖

ヤーコンには世界中の野菜の中で最も多くの天然フラクトオリゴ糖が含まれています。今までオリゴ糖が豊富と言われてきたゴボウやタマネギのオリゴ糖含有量は、100g中3g前後。しかしヤーコンにはその2〜3倍の8gものフラクトオリゴ糖が含まれているのです。
ヤーコンのさわやかな甘みはこのフラクトオリゴ糖によるものですが、フラクトオリゴ糖は砂糖に近い甘味があるのにカロリーは半分。だからヤーコンのカロリーはわずか54kcal(100g中)です。同じように甘みのあるサツマイモは123kcal/100gですからずいぶん少ないことがわかりますよね。
ヤーコンはこのように甘みがありながらローカロリーで、虫歯にもなりにくいという特徴があります。

また、フラクトオリゴ糖は、消化酵素では消化されずに腸まで届くので、善玉ビフィズス菌を増やし、整腸作用を促進させる効果があります。さらに腸のぜん動運動も高めてくれるので、便秘の解消にはとても適した成分と言えるでしょう。
フラクトオリゴ糖は特定保健用食品(トクホ)において「おなかの調子を整える食品」、「ミネラルの吸収をたすける食品」、「骨の健康が気になる方の食品」としてそれぞれの有効成分に指定されています。それほど有効で汎用性の広いオリゴ糖なのです。
通常、トクホに使用されるフラクトオリゴ糖は酵素を用いて合成されていますが、ヤーコンのフラクトオリゴ糖は正真正銘の天然オリゴ糖です。これが世界で一番たっぷり入っている野菜がヤーコンなのです。

○ポリフェノール

ヤーコンは話題のポリフェノールも豊富です。ポリフェノールの含有量が多いと言われる赤ワインには、100g中200mgのポリフェノールが含まれていますが、ヤーコンには203mgとさらに多くの天然ポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールといえば、活性酸素を除去する抗酸化物質として有名です。悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化や血管の老化を防いでくれます。さらに、クロロゲン酸やフラボン類と一緒に活性酸素を除去してくれるので、老化防止やガン予防にも効果があります。


その他にも日本人には不足しがちな食物繊維や微量ミネラル、ビタミンなども豊富に含まれています。何より甘くて果物のような味なのに、緑黄色野菜以上の栄養素をしっかり補給できる点が嬉しいですよね。

 
■ ヤーコンはどうやって食べるのが効果的?

最初にも少し書きましたが、ヤーコンは調理しても食べられますが、せっかく生でも食べられるのですから、生で食べるのをオススメしたいところです。調理には時間がかかりますが、サラダなどであれば刻んで水につけてアクを抜いて、ほかの野菜と混ぜるだけでOKです。シャキシャキとした食感と爽やかな甘味がサラダを引き立ててくれます。

しかし、ここでひとつの問題が…。

ヤーコンの旬の季節は、11月下旬〜3月上旬。旬の頃には日本でもようやく大手スーパーなどで販売されていたのですが、もう今は残念ながら旬の季節は過ぎてしまいました。そのため、生のヤーコンを手に入れることはできません。

そこでオススメしたいのが、サプリメントなどです。中でもヤーコンをそのまま4倍に濃縮したヤーコンエキスはヤーコンの栄養をそのままギュッと手軽に摂れてオススメです。ヤーコンエキスもオリゴ糖のカタマリのような栄養素なので、乳酸菌をプラスすると効果も倍増。そこでヨーグルトにヤーコンエキスを混ぜて食べるとさらにおいしく、さらに効果的になります。
このヤーコンエキスを販売されているプルシアさんから、無料モニターとして30名様にヤーコンエキス10本セットをプレゼントしていただきました!そのまま飲んでも乳製品のような甘味があって、生のヤーコンと同じ味がします。とても飲みやすいですよ。
まずは試してみたいという方は無料モニターにご応募くださいね。

ヤーコンエキスの無料モニターキャンペーンのページはこちら↓(5月20日まで)

http://www.kaikata.com/special/001.html

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;