HOME  >  運動不足な人  >  No.32 女性だけの病気じゃない! ■ 男性の更年期障害
「運動不足な人」のための60秒健康情報
 
運動不足な人 No.32

女性だけの病気じゃない! ■ 男性の更年期障害

少し前まで、更年期障害=閉経前後の女性特有の症状と思われていましたが、
更年期障害は男性にも表れる症状で、最近は専門外来のある病院もあります。

原因は、女性が女性ホルモンの減少によって起こるのと同じく、
男性も男性ホルモンが減少することとストレスによって起こります。

どんな時も同じですが、まず大切なことはは食事・運動・睡眠です。
それに加えて呼吸をするときに、息を吸うよりも吐く時間を長くすれば、
自律神経のバランスがよくなり、症状も改善されます。

加齢は誰にでも起こることなので悲観的にならず、症状が出てきた時も、
これを機に健康を手に入れよう!という心がけでいれば、
いい意味での体調の変化も身をもって感じることができるでしょう。

【詳細】    女性だけの病気じゃない! ■ 男性の更年期障害

更年期障害と言えば女性特有の病気というイメージですが、最近は男性の更年期障害も注目を集めています。
 男性の更年期障害とは一体どのような症状を指すのでしょうか。また、予防や対策法はあるのでしょうか。
 今回はそんな男性の更年期障害について取り上げてみたいと思います。

 
■ 男性の更年期障害とは?

今や、更年期障害=閉経前後の女性特有の症状ではありません。男性にも十分起こりうる症状で、男性の専門外来を設けている病院もあります。
 具体的な症状としては無気力、集中力の低下、不眠、イライラ、汗をかきやすくなる、ED(勃起不全)、疲労、うつ、記憶障害、前立腺疾患など多種多様です。これらの症状は、単なる疲労や年のせい…と片づけられてしまいがちですが、更年期障害の可能性は十分にあります。

男性は女性と違って、閉経などの大きなきっかけもないのに、更年期障害というのは一体どういうことなのでしょうか。次にその原因を見ていくことにしましょう。

 
■ 男性の更年期障害の原因

女性の更年期障害の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、閉経前後に急激に減少することにあると言われています。では。男性の更年期障害の原因は何でしょうか。
 男性の更年期障害の原因も女性と同じく男性ホルモン(主にテストステロン)の減少にあります。これは男性ホルモンの中でも特に生理活性作用が強く、通常は筋肉や骨を形成するタンパク質の利用促進や、動脈硬化を抑える働きもあると言われているものです。
 このホルモンの分泌量のピークは20〜30歳。このホルモンは女性のように特 定の時期に急激に減少することはありませんが、個人差はあるにせよ年齢を重ね るにつれ、徐々に減少していきます。

ちなみに、この男性ホルモンが減少する現象を欧米では「加齢男性の副腎における部分的なアンドロゲン(男性ホルモンの総称)低下」という意味の英語の頭文 字をとってPADAMと呼ばれることもあります。海外ではこのPADAMが50代で12%、60代で19%、70代で28%、80代で49%の人に見られるというデータもあるそうです。

この男性ホルモン量が低下する原因の第一は加齢ですが、もう一つ大きな原因と言われているのがストレスです。
 性ホルモンの分泌を促しているのは大脳辺縁系です。大脳辺縁系は理性や思考をつかさどる大脳新皮質を使う時、活動を停止します。ということは、ストレスを感じると大脳新皮質が使われますよね。そして、性ホルモンの分泌がストップし、だんだんと量も減っていく結果になります。

そう言われたところで、ストレスを減らすことも加齢を食い止めることも、現実的に考えればとても難しいですよね。では、この男性の更年期障害の予防法や、症状があるときの対策法はあるのでしょうか。

 
■ 男性の更年期障害の対処法

この症状は、男性ホルモンが減少することによって起こるので、まず思いつく対処法は「ホルモン補充療法」です。ホルモンを補充すればある程度は改善できるのですが、強いテストステロンなど強いホルモンの長期使用は前立腺がんや前立腺疾患、心疾患などのリスクを伴う場合があるので、あまりオススメできません。

それよりも、食事や運動、睡眠などの日常生活を改善するほうが健康的ですし、実際に症状が軽減されることも大いにありえます。食事で言えば、バランスも大切ですが、アルコールの取りすぎにも注意しましょう。アルコールは睡眠障害や肝機能障害、肥満などの原因にもなります。肥満は男性ホルモンの作用の低下につながるので、運動もしなければなりません。睡眠については、規則正しく質のいい睡眠が必要です。

しかし、これらは健康な生活を送るために当然必要なことです。

男性の更年期障害の対策として効果的なのは呼吸法です。息を吐くより吸う時間を長くすれば、自律神経のバランスを取りやすくなりますよ。

加齢は誰にでも起こることです。もし症状が表れたときも不安に思わず、ライフスタイルを改善して健康なココロとカラダを手に入れるきっかけができたと思いましょう。そうすれば、症状が改善されていくことやカラダが健康になっていくことを身をもって感じることができると思います。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;