HOME  >  運動不足な人  >  No.33 見た目は目立つのに後回し ■ 抜け毛と運動不足
「運動不足な人」のための60秒健康情報
 
運動不足な人 No.33

見た目は目立つのに後回し ■ 抜け毛と運動不足

抜け毛の原因は、ストレスや環境、生活習慣、遺伝など多岐に渡りますが、
実は運動不足とも関係があります。

運動不足になると心肺機能が低下し血行が悪くなり、
全身に栄養や酸素を届けられなくなるので当然頭皮にも届きにくくなります。
しかも抜け毛や薄毛は目立つ割に、生命維持への影響はそれほどないため、
栄養や酸素は先に内臓に届けられて、髪は後回しにされてしまいます。

運動不足や不健康な生活を送っていれば、気になる抜け毛はいつまでたっても
改善されませんよ。
髪のためだけではなく健康のためにも毎日少しずつでもカラダを動かすように
したいものですね。

【詳細】    見た目は目立つのに後回し ■ 抜け毛と運動不足

気になる人と全く気にしない人に分かれる「抜け毛」。原因は遺伝に始まり食生活や不規則な生活などいろいろありますが、実はこの運動不足も、抜け毛と関係があったのです。一見この二つには何のつながりもないように見えますが、ここには一体どんな関係があるのでしょうか。
 今回はそんな「抜け毛」と「運動不足」の関係についてご紹介したいと思います。

 
■ 抜け毛のメカニズム

まずは簡単に抜け毛のメカニズムを紹介しておきます。

人間の細胞が日々入れかわっているということを皆さんもすでにご存知かと思いますが、髪も同じように常に生えかわっています。
 髪の寿命はだいたい3〜5年。長くて7年で、自然に抜ける量は1日に約70〜80本程度。
 頭皮が健康な状態であれば、抜けた後またすぐに新しい毛が生えてくるのですが、そのサイクルが狂い、抜ける本数が増え、生える本数が減ると必然的に全体の本数が減ることになります。

どういった時にそのサイクルが狂うのかと言えば原因は様々で、遺伝やストレス、不規則な生活、バランスの偏った食生活などいろいろ考えられます。さらに帽子やヘルメットをよくかぶっている人は、頭皮が蒸れやすいため薄毛になりやすいとも言われています。(詳しいお話しはこちら

ここでようやく本題です。冒頭でも書いたように、運動不足も抜け毛の原因になります。その2つの関係はどうなっているのでしょうか。

 
■ 抜け毛と運動不足

人間は運動不足の状態が続くと心肺機能の低下につながります。
 心肺機能が低下すると体内の酸素の量が減りますし、血液も全身に行き渡りにくくなります。全身に行き渡らないのであれば、当然毛髪のある頭部にも血液が届きません。そうして毛髪の栄養分が不足し、抜け毛が増えていってしまうのです。

ここで残念なのは、毛髪は人間の生命を維持するためにそれほど重要ではないということです。逆に内臓は見た目にはわかりませんが、生命を維持するためには欠かせないものばかりです。となると、体内の酸素や栄養が不足した時に、まず守らなければならないのは、当然生命維持と関係の深い器官ということになりますよね。こうして毛髪への栄養供給が後回しになればなるほど、抜け毛も増えていくことになります。

もちろん抜け毛の原因は運動不足だけではありませんし、運動不足を解消しなければならない理由も、抜け毛予防のためだけではありません。しかし理由はともかく毎日少しずつでも運動をした方がよいことは間違いありません。
 過度な運動は活性酸素を取り込みすぎたり、疲労物質が溜まりやすくなるのでよくありませんが、呼吸が乱れない程度に歩くくらいの運動は毎日続けるようにしましょう。

見た目に気になるのに、後回しにされがちな部分なので、きちんと酸素や栄養を行き届かせるためにも、普段から健康的な生活を送るようにしましょう。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;