HOME  >  運動不足な人  >  No.40 本当はどっち?! ■ 運動前のコーヒーはカラダにいい?悪い?
「運動不足な人」のための60秒健康情報
 
運動不足な人 No.40

本当はどっち?! ■ 運動前のコーヒーはカラダにいい?悪い?

以前に、カフェインには脂肪燃焼効果があるので、
運動する30分くらい前にコーヒーを飲むとよいという話をしました。

しかし、カフェインは、運動をすると酸素の量を増やすために、
本来は血管が広がって血流をよくする作用をじゃまするそうです。
ということは、心臓への負担が大きくなるということ。
とは言っても、健康ならば、運動前にコーヒーを飲んでも問題はありません。
ただし、心臓が弱い人は無理をしない方がいいでしょう。

心臓が弱い人は、運動前にコーヒーではなく、同じような働きがあって
心臓への負担がないアミノ酸などを摂取するとよいかもしれませんね。

【詳細】    本当はどっち?! ■ 運動前のコーヒーはカラダにいい?悪い?

以前にこのコラムで、コーヒーの脂肪燃焼効果についてのお話しをしました(詳しくはこちら)。コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪燃焼効果があるので、運動前に飲むと効果的だと言われています。しかし、心臓にとっては、運動前のコーヒーは危険な存在とか・・。まずは、以下のニュースをご覧ください。


運動前のコーヒーは心臓によくないらしい。運動の前にカフェインを摂取すると、運動中の心筋への血流供給量の増加が制限されるという知見が医学誌「Journal of the American College of Cardiology」1月17日号で報告された。

スイス、チューリヒ大学病院統合人間生理学センターのPhilipp A. Kaufmann博士らは、いつもコーヒーを飲む18人の健康な若者を対象に、サイクリングマシンに乗る前と乗った後の、心臓自身の活動を維持するための心筋への血流供給量を、高機能PETスキャンで測定した。

被験者は実験36時間前からコーヒー摂取を止めており、10人は通常の環境で、8人は高度1,500フィート(約4,600メートル)の状況を模した実験室で運動を行った。さらに両群共、コーヒー2杯分に相当するカフェイン200mgを含んだ錠剤を服用した後に、同じテストを行った。

その結果、運動していないときには、カフェインは心筋への血流供給に影響を与えなかったが、カフェイン錠剤服用後では服用前に比べ、運動直後の測定で心筋への血流供給量が通常気圧で22%低下、高度が高い環境では39%低下した。

運動すると酸素供給量の増加に適合するため、心筋への血流が増加する。しかしカフェインは血管壁の特定の受容体を阻害し、運動に応じて血管を広げるという正常な情報伝達プロセスを妨げる可能性をKaufmann博士らは考える。コーヒー摂取は健常者では臨床的問題はないが、冠動脈疾患のように心筋を養う冠動脈への血流が減っている人の場合、特に運動前や高度の高い場所へ行く前では、安全性に疑問がもたれるという。

カフェインを刺激剤と考える人もいるが、心筋への血流供給をみると、運動に役に立つとはいえない。覚醒し注意力が増すという点で、脳への刺激剤であるかもしれないがKaufmann博士は選手が運動の前にカフェインを摂取することは勧められないと述べている。
(2006年1月17日/HealthDayNews掲載記事より引用)


難しく書いてありますが、要は運動をすると酸素の量を増やすために、本来は血管が広がって血流が多くなるはずなのに、カフェインがその邪魔をしてしまうということです。そうなると、酸素が足りなくなったり、心臓への負担が大きくなってしまいます。

健常者の場合は問題がないようですが、心臓への負担を気にしながら、脂肪燃焼を期待してコーヒーを飲むのなら、例えばアミノ酸など、心臓への負担がなく脂肪燃焼効果を期待できるものを摂取した方がいいかもしれませんね。

運動におけるコーヒーには、こういったリスクもありますが、コーヒーそのものにはきちんと健康効果があります。
 コーヒーだけに限りませんが、それぞれの食品のメリットとデメリットを見極め、自分に合ったものを上手に利用していきたいものですね。

 
HOME |  外食が多い人 |  お酒をよく飲む人 |  生活が不規則な人 |  運動不足な人 |  健康プチダイエット
copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
;